2017秋服メンズ、街を歩けば10人1色、個性がなさ過ぎはNG

 

 

 

 

2017秋服メンズ攻略、街を歩けば10人1色、個性がなさ過ぎはNG

 

本屋さんに行けば色々な秋ファッション誌が並んでますが、私がダサいと感じるのは雑誌そのままの最先端ファッションをしている人です。オシャレに目覚めた10代や20代ならまだしも、どこからどう見ても大人の男性である30代が、足の先から頭まで本の真似、流行りで全身固めるようなことにだけにはなってほしくないです。以前仲良くなった男性は31歳でした。何度お会いしても他の人と見間違えてしまうほど、いわゆる「普通」で個性がないのです。待ち合わせでその彼に辿り着くまでに何人の人と見間違えたかわかりません。彼は世間で決してダサいとみられるような人ではないと思いますが、普通過ぎてダサイ!そう私個人的に感じました。

 

基本的に2016秋服メンズコーデで着たい服を好きなように着れば良いと思う方ですが、例え全身ユニクロでもファストファッションでも流行りは気にせず自分の好みで買う、どこかに自分の個性が出ているとダサくは見えないし無難にも見えないと思います。いつも誰かの真似をする人。「自分が好きな服」ではなく、いかにもファッション誌から抜け出してきたような「オシャレに見える服装」をしている30代の男性は、何故かカッコ良くないし目を惹きません。失礼だけどその他大勢に紛れてしまっているように思います。

 

全身スキのない服装はオシャレすぎて逆にダサイ。ただジーパンにTシャツでも自分の好きな服を着ている男性は目を惹きます。人から見ればただのTシャツでも何か自分なりのこだわり、例えばオーガニック素材や好きなデザイナーのTシャツだったり、靴が大好きだから靴にだけはお金をかけるなど、自分なりのこだわりを持ってファッションを楽しんでいる人はオシャレに見えるのではなく純粋にオシャレだと私は感じます。30代、男女問わずどんどん頭が固くなってきて素直に受け止められないことも多くなりますが、逆に自分の考え、個性を生かしてオシャレをしている男性が好きです。 2017秋服メンズで質が良く評価が良いショップで自分なりに選んで買い物をすれば、品質が最低だったという失敗を回避できるのでオススメです。